スラヴの神々

Published by jpya on

この記事では、ポーランドに古くから伝わる神話の登場人物を
紹介します!

なお、本内容はポーランド人学生が鎌倉学園中学校・高等学校でのレクチャーのために用意したものであり、
それをブログ用に加筆・編集しております。

日本語とポーランド語を併記しますので、
ぜひ勉強中の方はポーランド語の学習にお役立てくださいね:)

スラブの神々とは

Kim są Bogowie Słowiańscy?

現在のポーランド地域がキリスト教に改宗する前に、
ポーランドに住んでいた人々は多様な神様を信じていました。
そして自然現象は、神様が存在している象徴として見られました。

Zanim na tereny Słowian, w tym dzisiejszej Polski dotarło chrześcijaństwo, wierzyliśmy w wielu bogów i wiązaliśmy ich istnienie ze zjawiskami przyrodniczymi.

ペルン PERUN

ペルンはもっとも大事な神様(主神)の一人で、雷様でした。

 PERUN był władcą piorunów i jednym z najważniejszych słowiańskich bogów.

★ちなみに、ポーランド語でpiorun (ピョルン)と言いますよ!

マジャンナ MARZANNA

マジャンアは冬・死を表象している女神です。

MARZANNA była boginią symbolizującą śmierć i zimę.

★マジャンナ沈め Topienie Marzanny 

マジャンナはスラブの神様のうちの一人であると同時に、
彼女を象徴した案山子も同じ名前で呼ばれています。

Marzanna to jedna ze słowiańskich bogiń,
ale jest to również nazwa kukły, która ją przedstawia.

案山子は藁で作られます。
白いアマ布で覆われ、リボンや小さくてカラフルな玉で飾られます。

Kukła wykonana była ze słomy.
Owijano ją białym płótnem i dodatkowo ozdabiano wstążkami czy koralami.

マジャンナを作り終わったのち、人々はこれを持って村中の家を訪れます。
水に放る前に、マジャンナに火をつけます。

Następnie wyruszał ze wsi orszak obchodząc z Marzanną wszystkie domy. 
Przed wrzuceniem jej do wody, kukłę podpalano.

キリスト教に改宗した後で
マジャンナ沈めは禁止されました。

しかし効力は発揮せず、現在に至るまでこの習慣がポーランドに残りました。

Wraz z nadejściem chrześcijaństwa próbowano tego zwyczaju zakazać,
ale bez skutku.
Przetrwał on do dziś.

スヴァルグ SWARÓG

スヴァローグは空・太陽神・火の精霊でした。
鍛冶の神としても信仰されていました。

SWARÓG był bogiem nieba, słońca, ognia i kowalstwa.

スラブの神々が現代ポーランドに与えている影響

wpływ Bogów Słowiań na współczesną Polskę

スラヴの原始宗教・信仰はとても多様で、この昔に由来している習慣は
少し変わった形で今日まで残りました。
あいにく、このことについて詳しく説明する記録はあまり残りません。
それでも、昔のスラヴ文化は
徐々に現代人の興味を引くようになり
数多くのアーティストに
インスピレーションを与えています。

Nasza pogańska tradycja jest bardzo bogata, pewne związane z nią zwyczaje i elementy przetrwały w mniej lub bardziej zmienionej formie do czasów współczesnych.
Niestety, do dzisiaj zachowało się bardzo niewiele źródeł, które szczegółowo by o nich opowiadały.
Mimo to, zainteresowanie słowiańskimi korzeniami pomału wzrasta i stanowi źródło inspiracji dla wielu twórców.


1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です